友達の親の葬儀や通夜は参列すべき?気になるマナーを解説

自分たちが年をとるように、親もいつのまにか老いていきます。

私の親は幸い2人とも元気ですが

「○○ちゃんのお父さんが亡くなったみたい。」

そういうメールを別な友達からもらった時、彼女の父親はまだ60歳でした。

昔はよくお世話になったおじちゃん。

でも、ここ数年は会っていませんでした。

そんな時、葬儀や通夜には参列すべきなのか?

悩む問題ですよね。

 

そこで今回は、友達の親が亡くなった場合

  • 葬儀や通夜に参列すべきか
  • 参列する場合のマナー
  • 参列しない場合のマナー

などについて、お話ししたいと思います。

悩まれている際は、これを読んで今一度検討していただければ幸いです。


友達の親!葬儀や通夜は参列すべき?

友達のお父さんが亡くなりました。

彼女が地元を離れていたこともあり、ここ数年は会っていないんですが、葬儀や通夜に参列すべきでしょうか?

非常に悩む問題ですよね。

参列する場合・しない場合に分けて説明します。

参列する場合

  • 友達本人から亡くなったと連絡を受けた
  • 日頃から付き合いがある
  • 近しい友達から連絡を受けた(その友達は行く)

このような場合には、参列した方がいいでしょう。

友達の親

基本的には、自分の気持ち次第です。

「お世話になったから、最後に挨拶をしたい。」

「友達のことが心配。」

そんな気持ちがある場合、行った方が後悔がありませんよ。

 

それは、葬儀・通夜両方に?
いいえ、そういうわけではありません。

 

密な付き合いならば、葬儀・通夜両方とも参列すると友達の支えにもなります。

しかし、それ以外の場合、葬儀と通夜のどちらか一方に参列するだけでもいいでしょう。

参列しない場合

  • 遠方に住んでいる
  • 友達と卒業以来連絡を取っていない
  • 家族葬
  • 友達の親には会ったことがない
  • 子供の預け先がない

などの場合には、ムリをして行く必要はないでしょう。

友達の親

これは友達の関係性にもよりますが、葬儀や通夜に参列するか否かは気持ち次第なので、躊躇する場合はやめておいても問題ありません。

友達の親の葬儀に参列する場合!知っておきたいマナー

あまり葬儀自体参列したことがないんだけど、香典などはどうしたらいいのかしら?
香典を含め、いくつかマナーを説明しますね。

香典

親戚ではないので、気を遣わせない程度の金額がいいでしょう。

3,000〜5,000円ほどが相場になります。

これは関係性や自分自身の年代に応じて異なりますが、40代以上の場合は一般的に香典といえば5,000円が相場です。

 

友達には何て声をかけたらいいのかしら?
これも、非常に悩む問題ですよね。

かける言葉

  • 「お悔やみ申し上げます。」
  • 「この度はご愁傷様です。」
  • 「大変だったね。」
  • 「何かできることがあったら遠慮なく言って。」

友達は何か言葉を望んでいるわけではありません。

ムリして言葉をかけるよりも、一緒に悲しむ・・・それだけで十分なんです。

ただ、親族はなかなか買い出し等にいけないので、代わりに行ってあげるなどしたら友達も助かるでしょう。

そしてもう一つ、食事していってと誘われる場合もあります。

そのほかのマナー

  • 基本、食事は親族のみ
  • 葬儀・通夜が終わったら、長居しない

など、遠慮して近しい身内だけにするのがいいでしょう。

ただ、どうしても・・・とお願いされた場合には、ムリに断るのもおかしいので、友達の意向にそうといいですよ。

友達の親の葬儀に参列しない場合!おさえておきたいマナー

でも、行けない場合は、知らんぷりしておくのも気がひけるわ。

そうですね。

参列できない場合のマナーもいくつか紹介します。

  • 自分の親に参列してもらう
  • 後日、ご自宅に伺い、焼香だけさせてもらう
  • 香典を送る
  • 弔電を打つ

友達の親

自分の親に参列してもらう

地元を離れ遠方に住んでいる場合、親に参列してもらうという方法もあります。

その場合、親に香典を立て替えてもらうといいでしょう。

後日、ご自宅に伺い、焼香だけさせてもらう

いつまでという決まりはありませんが、できるだけ早く、ご自宅に伺い焼香だけさせてもらうのがオススメです。

その際には、

  • 香典
  • 花もしくは菓子折り

を一緒に持参するといいでしょう。

香典を送る

これも後日になりますが、菓子折りや手紙を添えて、香典を早いうちに送る方法もあります。

その際、お礼の電話があれば、友達とも話すことができますしね。

弔電を打つ

葬儀・通夜に間に合うよう、弔電を打つのもいいでしょう。

1,500円以内の比較的リーズナブルなものもあります。

後日香典を送ることも考えると、そこまで費用をかけなくてもいいでしょう。

弔電の例文

「○○様方(喪主の名前)

お父様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。

在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

    ○○ ○○(名前) ○○大学 学友」

 

気持ちの問題ではありますが、マナーとして以上のことをおさえておくといいでしょう。

最後に

ポイントをまとめます。

  • 参列するかどうか、基本的には自分の気持ち次第
  • 基本的には、葬儀と通夜のどちらか一方に参列するだけでもいい
  • 関係性や躊躇する場合には、参列しなくても問題はない
  • 3,000〜5,000円ほどが香典相場
  • ムリして言葉をかけるよりも、一緒に悲しむだけで十分気持ちが伝わる
  • 参列しない場合、自分の親に参列してもらう・後日、ご自宅に伺い、焼香だけさせてもらう・香典を送る・弔電を打つなどの方法がある

 

実際私は、遠方で葬儀・通夜ともに参列できなかったので、両親に行ってもらいました。

親側からしても、顔を合わせ話したことのある間柄でしたからね。

そして、地元に帰った際、菓子折りと香典を持って焼香させてもらいに伺い、思い出話を色々とさせてもらいましたよ。

親の葬儀、いつ起こるかわからない問題として、他人事ではないですからね。