小さなお葬式は追加料金がいる?いらない?実際どうなのか解説します

葬儀費用の平均といえば、200万ほどといわれています。

ですが、そんな中、コミコミセットプランで安く上がる「小さなお葬式」が最近人気になっています。

小さなお葬式については、こちらをご覧下さい。
関連記事)小さなお葬式とは?メリット・デメリットを含め解説します

 

コミコミセットプランといっても、色々追加してたら、結構かかるんでしょ?
気になるのはそこですよね・・・。

 

そこで今回は、小さなお葬式の追加料金について

  • かかるの?かからないの?
  • 追加料金となるもの
  • 実際の声

など、ぶっちゃけたホントのところをお話ししたいと思います。


小さなお葬式は追加料金がかかる?かからない?

結婚式もそうだけど、結構オプションで色々かかるものじゃない?
お葬式だって、いくら小さなお葬式のセットプランといっても、かかるんじゃないの?
そう疑ってしまうのはわかります。

答えから述べると、小さなお葬式では、追加料金なしで当初のセットプラン料金のまま葬式を行うことは可能です。

小さなお葬式は全て葬儀を行うためのセットプランになっていて、いくつかの料金の中から、行いたい希望の葬儀を行うことができるので、初めからこの料金にはこの項目が含まれているという部分が明確だからです。

え?
本当に追加料金なしでできるの?

はい。
小さなお葬式には、

  • 搬送
  • 葬儀場の利用料金
  • 祭壇・生花
  • 看板
  • 遺影
  • 棺代
  • 寝台車
  • 送迎バス
  • 火葬費用(市民料金)
  • 司会・運営スタッフの人件費
  • 会葬礼状

といった一般的に追加費用が発生するような物品やサービスも、最初からプランに含まれているため、セット料金の中で何も追加しなくても一通りの葬儀を行うことが可能となっているのです。

それって喪主側からしたら、香典でまかなわなきゃって香典費用気にして裏で計算せずとも、最初からその料金かかるって心づもりができるから、きちんと故人とのお別れだけに向き合うことができそうね。
葬儀は、悲しみとやらなければいけないこと、費用のことでしっかりお別れができなかったという声も多く耳にします。
ですが、その中で一つだけでも料金は追加でかからないと考えられたら、幾分お気持ちが楽になるかと思います。
うちは、祖父が高齢でそろそろ心づもりをって言われてるんだけど、それを聞いたらちょっと安心したわ。
入所していた施設が遠方だったから、その近くの病院に入院してるんだけど、これで安心ね。
ちょっと待ってください。
それは、もし亡くなられた際、長距離搬送が必要ということですよね?
実は、追加料金はかからないといっても、例外はいくつかあります。

小さなお葬式で追加料金が必要となるものは?

え〜?
さっき、追加料金はいらないっていったじゃない!
申し訳ございません。
例外は、いくつかございます。
  1. 規定の火葬料金(市民料金)で火葬が行えない一部のエリアで火葬を行う場合
  2. 各プラン規定の安置日数を超える場合
  3. 付き添い安置をご希望される場合
  4. 各プラン規定の式場利用料を超える葬儀場を利用する場合(追加費用がかからずに利用できる葬儀場のエリアカバー率は95%)
  5. 寝台車または霊柩車での規定の搬送回数のうち、1回の移動距離が50kmを超える場合
  6. 宗教者へのお布施や料理・返礼品の追加など、プランに含まれないサービスを希望される場合

といったものが、追加料金が発生します。

火葬料金や安置日数は、なんとなく仕方がないにしても、それ以外はそこも頭に入れておかなくちゃいけないわね。

中には、付き添い安置が1日付いたプランもありますが、1日当たり55,000円ほどかかる場合もあります。

また、コロナ禍で行う方は減っていますが、お斎代等・飲食は別途かかる場合も多々ありますし、菩提寺によっては僧侶へのお布施が高額な場合も・・・。

小さなお葬式の追加料金!実際の声は?

実際、プラン内でおさまるものなのかしら?
やっぱり、結構追加でかかったって方もいるんじゃない?
いくつか口コミを紹介させていただきます。

こちらの方のように、最初から「追加料金がかかります」ではなく、いくつか選択肢はあるので、喪主様のいい方を選ぶといいかもしれません。

結構追加でかかったという部分で多いのが、僧侶費用。

実はこの問題、ここはセットプランでは介入できない「菩提寺」という問題があります。

希望を出せば、追加費用がかかるという部分で・・・

「お花が少なくて寂しいから、もっとお花を増やして。」
「故人の思い出に浸りたいから、映像を流してほしい。」
「予想以上の人が来てしまったから、返礼品を追加した。」
「もっといい棺にしたい。」
「喪主以外に、親戚が数人泊まりたいから、布団のレンタルを。」

などといったことで、追加費用がかかるといった声も多かったです。

ただ、もちろんかなり安く済んだという方も。

何をどこまで望むのかという問題ですが、喪主様の満足がすべてかもしれませんね。

最後に

ポイントをまとめます。

  • 基本的に、追加料金なしで「小さなお葬式」を行うことができる
  • 例外6項目がある
  • 希望を出せば、追加料金がかかる
  • 小さなお葬式では、最低限のお葬式が可能

基本的に、お葬式は故人との最後のお別れの場であり、見送る気持ちが一番大切です。

お金のことでお悩みの場合は、そんな負担を少しでも軽くするため、最低限のものが全て盛り込まれた「小さなお葬式」おすすめします。

<