お墓にペットと一緒はだめなの?理由や条件をわかりやすく解説
うちの叔母は子供もおらず、犬が我が子のようだから、将来自分が死んだ後、犬と一緒のお墓に入りたいっていうんだけど・・・。
犬と人間が一緒のお墓に入るって、可能なのかしら?
生涯結婚しない人・子供を産まない人も増加し、ペットを我が子のように可愛がっている方って多いのよね。
でも、ペットと人間が同じお墓ってことになると、色々な問題や条件があるの。

 

賛否両論ありそうな、ペットと一緒にお墓に入れないかどうかという問題。

今回は、これに関して

  • だめなの?
  • 条件
  • 可能なお墓
  • 相場
  • 方法

など、気になるあれこれをわかりやすくまとめました。

だめと諦める前に、これを読んで検討ください。


お墓にペットと一緒に入るのはだめ?

ペットと一緒のお墓なんて、やっぱりだめかしら?
詳しくお話ししますね。

答えから述べると、通常のお墓にペットを一緒に・・・というのはNGです。

ペットと一緒のお墓

それはどうしてか・・・

宗教的な問題が大きく関係しています。

日本人の多くが仏教徒といわれていますが、その仏教では人間以外の動物を「鬼畜」と分類するのです。

鬼畜というその言葉からもあまりいいイメージがないのはおわかりいただけるかもしれませんが、人間よりも位が下で、生きている間に悪いことをした人が鬼畜に生まれ変わるといわれています。

そのため、そんな鬼畜と人間を同じお墓に入れるなんて・・・という考えを持つ方が多く、お墓に一緒に入れることはできません。

ペットと一緒のお墓

普通のお墓(お墓の管理会社・寺院など)に申し出ても、断られることがほとんどなんです。

人の考えであって、法律的なものはどうなのかしら?
法律を絡めた問題について説明しますね。

法律上の問題

ペットと人間が同じお墓に入ることを禁じる法律はありません。

ただ、ペットが死んだ後の死骸は、廃棄物扱いになります。

これは、廃棄物処理法にも記載がある通り。

そのため、ペットが死んだ後は

  • 飼い主が適した場所に埋葬
  • ペット霊園などに依頼
  • 地方公共団体に依頼

という方法がすすめられます。

じゃあ、ペットと一緒のお墓は諦めたほうがいいのね?
ちょっと待って!
諦めるのはまだ早い!
ペットと一緒のお墓に入れる方法もあるんです。

中にはペットと一緒に入れるお墓もある?

あるの?
それなら叔母も喜ぶわ。
あるにはあるんですが、探すしかありません。

方法として、ペット可のお墓を探すことです。

各市町村・墓地、納骨堂管理会社によっても異なるのですが、「ペット可」をうたったところもあります。

  • 墓地全部がペット可能
  • 一区画のみペット可能
  • 樹木葬

などの種類があり、「県名 ペット可 霊園(墓地)」などと検索するとヒットするでしょう。

ペットと一緒のお墓

また、中には同じお墓というわけではありませんが、同じ敷地内に、人間の墓地区画・ペット用墓地区画があるところも。

そういった方法もあるんですね!
ただ、ペットと同じお墓というのに抵抗を示される方もいるため、以下のポイントは押さえておきましょう。

ペットを一緒のお墓に入れるためのポイント

  • 親族の了承を得る
  • 先祖のお墓がある場合は、そこを解決して
  • 菩提寺がある場合は要相談

揉めることの多い問題として、先祖の墓がある場合。

先祖の墓はペット不可、ならばペット可能なお墓へと思われるかもしれませんが、先祖のお墓はどうするのか?

子供が将来2つのお墓を面倒見ることになるとまた大変です。

 

また、鬼畜と同じお墓なんておかしい!

そう拒絶反応を示す親族がいると、揉めることもあります。

 

そのほか、菩提寺がある場合、そこのお墓には入らず今後法要などは依頼できるのか?なども事前に調べておく必要があるでしょう。

ペットと一緒に入れるお墓の相場は?

一緒に入れるお墓、あるにはあるということが知れてよかったわ。
色々検討する必要はあるけど、やっぱり値段も高かったりするのかしら?
お墓の形状・パターン別に費用は大きく異なるので、目安となる費用を説明しますね。
  • 暮石のあるお墓・・・130万〜
  • プレート墓(一部区画がペット可で、プレートを表示できる)・・・70万〜
  • 樹木葬・・・70万〜
  • 霊園の別区画にあるペット専用合同墓・・・数万円〜

値段はピンキリで、暮石のあるお墓の場合土地代とは別に暮石代がかかるということもお忘れなく。

 

ペットと一緒にお墓に入る方法は?

先に亡くなったペットを入れておいて、自分がなくなったらそこに自分も入るという方法がベストなのかしら?
注意点もありますので、方法を含め紹介しますね。

まず注意する必要があるポイントとして、あくまでも人間のお墓にペットを入れるということ。

ペット霊園ではないので、ペットだけの利用は不可。

そのため、人間よりも寿命の短いペットが亡くなったらまずは火葬し、骨壷におさめた上で納骨

もちろん、ペットが先でも後でも可能ですが、そこに飼い主も亡くなれば一緒に入ることに。

ペットと一緒のお墓

暮石がある場合には、オプションでペットプレートのようなものを暮石につけることができますし、プレートの場合はそこにペット名・亡くなった日・写真などを刻むことが可能です。

じゃあ、先にペットの火葬は別で依頼しなくちゃいけないってことね。
そうなります。

ペットの火葬は業者に依頼し、骨壷におさめてもらうまでを準備した上で、ペット可墓に入れるというわけです。

 

ペット用骨壷は、インターネットでもさまざまな形状のものが販売されています。

ペットの火葬・納骨までを済ませ、手元供養をしてから、飼い主が亡くなった時、一緒に納骨というパターンも多いようですよ。

最後に

ポイントをまとめます。

  • 通常のお墓にペットを納骨することはできない
  • ペットは鬼畜に分類され、人間より位の低いペットを同じ墓に入れるなんておかしいという考えを持つ人が多い
  • 法律的には問題ない
  • ペット可のお墓もある
  • 墓地全部がペット可能・一区画のみペット可能・樹木葬など、ペットと一緒に入れるお墓もある
  • あくまでも人間のお墓にペットを入れるということ、ペット霊園に人間が入るのは不可
  • ペットが亡くなったら火葬し、骨壷におさめた上で納骨
  • ペットが先でも、人間が先でもいい

 

我が家の近くにもペット可霊園があります。

大きな霊園で、暮石タイプ・プレートタイプ・樹木葬、さまざまなタイプが揃っていますが・・・あくまでもペット霊園ではないので、「愛するペットと一緒に」をうたった霊園です。

一度実際に見て、親族に相談してから決断されるのがいいでしょう。