【母の遺品】着物はどうする?気持ちよく整理できる方法教えます

母の遺品整理で、着物が大量に出てきたのよね。

でも、着物ってどう整理したらいいのかわからなくて。

着物は高価なものもあるし、馴染みがない人はどうればいいかむずかしいわよね。

でもいろいろ方法はあるのよ。

 

遺品の整理をしていたら、どうしていいかわからない物が多くあります。

その1つにあげられるのが着物。

とくに着物などふれる機会がないとどうしたらいいのか、またどれくらい整理しなくても大丈夫なのか?など考えちゃいますよね。

私の母も生前にきていた着物の遺品整理ができなくて、タンスにねむっています。

そこで今回は着物の遺品整理について

整理する方法

  • リメイク
  • 買取
  • 捨てる

について紹介します。

ぜひ参考にしてください。


母の遺品 思い出の着物を気持ちよく整理する方法

着物って整理するには、処分するしかないのかしら…。

でも、処分してほしくない着物のあるのよね。

遺品を整理するイコール処分するってわけじゃないのよ。

整理の難しい着物でも、用途によって振り分けると整理が簡単になります

という風に考えると、仕分けがスッキリします。

 

着物は洋服と違って、なかなか処分しにくいものが多いですよね。

理由として

  • 高価だから
  • 思い出の品だから
  • 仕分けの仕方がわからないから

など。

また、手放したくない着物はムリに処分や手放すのではなく、通気性のいい着物タンスがあれば保管できます。

 

では、振り分けたあとの方法を紹介するわね。

リメイクする

やっぱり思い出の着物は処分したくないわ。

でも着物なんて着る機会なんてそうそうないから・・・・。

そんな時はリメイクよ!

リメイクは

  • 自分で作成
  • 業者に依頼

などの方法があります。

自分で作成

着物をリメイクするには下準備。

  1. 着物をほどく
  2. 布地を洗う
  3. 痛んだ部分をチェック

下準備をすることで複雑な形になっている着物でも、無駄なく使うことができます。

また、柄など自分の使いたいイメージしやすくなってくるんですよ。

何もしないでリメイクすると使えない生地がふえたり、せっかく仕上がっても汚れた布を使うことになってしまうんです。

手間だと思いますが頑張りましょう。

STEP1 着物をほどく

着物は本来、ひとつの反物を縫い合わせてできています。

なので、縫い合わせたとこを全部ほどくと再利用しやすいんです。

STEP2 布地を洗う

縫い合わせのほどいた布を洗っていきましょう。

中には縮んだりする布の種類があるので、心配な人はクリーニングに出すことをオススメします。

STEP3 痛んだ部分をチェック

着物は保管が難しいです。

また、長期間着る機会がないとますます劣化していきますよね。

なので虫食いや色あせ、カビなど発生している可能性があるので細かく確認していきましょう。

次にリメイクしていきます。

作れるものはたくさんあります。

バッグ

これは反物で作っているぶんですが、帯で作ることもできて強度は帯のほうがあります。

お花モチーフ

これにヘアゴムやピン、イヤリングやピアスのキャッチャーをつけることでいろいろアレンジが広がります。

リメイクした残りの端切れでもじゅうぶんに使えますよ!

洋服(チュニック)

他にも布を使うものであれば、何でもリメイクができます。

思い出がつまったものは処分しにくいですよね。

でも着物を着ることってあまりないし、長期間保管しているときに痛んでしまう可能性も。

そんな時、着物をリメイクするという方法があります。

着物を着るにはハードルが高いですが、リメイクしたものであれば普段から使いやすいですよね。

私も、着物でリメイクしたティッシュケースをいただいたことがありました。

すごい!

リメイクすることによって、普段使いの幅が広がるわね。

簡単な小物もいろいろあるしね。
でも、私不器用だから自分で作る自信はないわ。

大丈夫!

そんな人でも業者に頼むことができるのよ。

 

オーダーする

自分で作りには自信がない・・・という人は、お店の人にオーダーする方法もあります。

とてもかわいらしくて、洋装・和装どちらにも使えそうですね。

金額は、リメイクを依頼するものによって違います。

洋服やバックなど服飾関係だったら10,000円~50,000円が相場といわれていますが、生地やリメイクしてほしいものによっては50,000以上するものも。

これだけのリメイクオーダーだと金額が高いのもうなずけますね。

着物買取業者に引き取ってもらう

他にもまだまだ着物があるんだけど、中には高額なものもあって処分するにはもったいないわ。
なにも一人で全部仕分けするなんて考えなくていいのよ。

身内の遺品整理をするときついつい身内だけでやってしまおうと思いますが、不要だけど高額なものが多く困ったときに助かるのが買取り業者さんです

買取り業者さんは出張してもらうことができて、まずは見積もりをしてくれるので

出張査定するイコールすぐに買取りというわけではなく、売買に応じるか考える時間をくれる面でも助かります。

ただ、着物を査定してもらう際に少しでも高額でと考えているのであれば

  • 証紙
  • 防虫剤
  • 小物

の確認をしておくことをオススメします。

証紙

洋服では考えにくいですが、高額の着物には証紙がついているものがあります。

高ければ高いものほど証紙があると証明になるので、査定には有利になるんですよ。

防虫剤

防虫剤を入れて着物の管理をきちんとしていたか確認しましょう。

防虫剤を入れていることで虫除け・カビ・さらに色あせの予防になります。

小物

小物一式がそろっていると買取りのときは格段に金額が高くなります。

洋服だと小物という概念がありませんよね。

でも、たとえば「シャツのボタンがない」という感覚で、着物に小物が1つでも不足しているとその着物の価値は下がってしまうんです。

重量買取りでもちゃんと買い取ってもらえたら助かりますよね。

捨てる

今度、ゴミの日だから最終手段として、残りは思い切って捨てようと思うんだ!

ちょっとまって!

ゴミといってもルールはあるのよ!

着物は布なので一般ゴミとして捨ててしまいがち。

でも着物の小物などは、種類が多いので一般ゴミとして出せないものもあります。

各地域のゴミ出しのルールに注意して分別しながら出しましょうね。

捨てるにしてもやっぱり気が引けますよね。

そんなときは、

  • 遺品整理業者へ依頼して一括整理
  • 地域団体へ寄付

という方法もありますよ。

他にも遺品整理に関する記事を紹介します。

 

最後に

着物の遺品整理についてまとめました。

  • 遺品整理する方法として、リメイク・買取り・捨てるなどがあります。
  • リメイクには自分でする場合とオーダーする方法の2種類。
  • 買取りしてもらうときは証紙・防虫剤・小物に注意すること。
  • 捨てるときは各自治体のルールにそって捨てましょう。

 

着物の遺品整理は洋服と違って、どうしたらいいのかわからないことも多いはず。

わからないからと言ってムリに捨てることはありません。

故人との思い出にふれながら整理するのも、供養につながるかもしれませんよ。