仏壇の処分は魂抜きが必要?費用から方法までを教えます

近々、空き家になっている実家を片付ける予定です。

家具や家電は回収業者に処分してもらう予定ですが、仏壇の処分をどうするか悩んでいて…。

家具のように、ただの「物」としてあつかうことのできない仏壇の処分、悩むわよね。
両親を祀ってあるので私の自宅に移動させることも考えましたが、仏壇が大きすぎて一人暮らしのアパートに置くのは難しいんです。

たしかに、住居と仏壇がマッチしない問題、大きさ含めいろいろあるわよね。

でも、魂抜きって言葉、聞いたことない?

魂抜きって・・・・?
じゃあ、魂抜きを含めて、気になる仏壇の処分について紹介するわ。

 

ご先祖様が祀ってある仏壇。

どうしても処分しなければならない状況でも、そのままゴミに出すのは気が引けますよね。

私の実家にも仏壇があるのですが、両親が亡くなって以来、長年空き家になっています。

そろそろ家の売却も考える必要があるので、仏壇の処分方法について調べてみましたよ。

 

これから、仏壇を処分する際に知っておきたい、魂抜きについて

  • 必要性
  • 費用
  • 処分方法

を紹介していきますね。


仏壇の処分は魂抜きが必要?ただ捨てていいものではない?

先ほど出た「魂抜き」ってなんですか?

それをすれば、仏壇の処分をしてもバチが当たらないんでしょうか?

魂抜きは、仏壇を処分する際に必要不可欠な儀式よ。

これから、魂抜きをする意味について解説していくわね。

仏壇 処分 魂抜きとは

魂抜き(お性根抜き・閉眼供養ともいう)とは、仏壇に宿っている魂を抜き、仏壇をただの「物」に戻す儀式のこと。

 

仏壇は、使い始める前に「魂入れ」を行って魂を宿らせます。

魂を宿らせることによって、仏壇は礼拝の対象となるのです。

僧侶による魂抜きでこの魂を抜いてもらうことで、仏壇は礼拝の対象ではなくなります

 

葬儀や法事と違い、あまり経験する機会のない魂抜き。

わからないことが多くても当然よ。

信仰心の薄い方が増えているとはいえ、先祖代々の魂が宿っている仏壇をそのまま捨ててしまうのはなんとなく抵抗がありますよね。

そんな時でも、魂抜きを行うことで気分的にもスッキリと仏壇を処分することができます。

ちゃんと供養すれば、仏壇を処分してもご先祖様に怒られないわよ。

 

仏壇の魂抜きの費用は?

では、実家の仏壇も魂抜きをしてもらいます。

どれくらい費用がかかるものなんですか?

では、魂抜きの相場を教えるわね。

魂抜きで渡すお布施は1~5万円が一般的。

しかし、4という数字は忌み嫌われる傾向があるため、4万円は避けたほうが無難。

また、寺からの距離によって、お車代5千~1万円を用意しましょう。

仏壇 処分 魂抜き 費用

こちらの方は高く感じられておりますが・・・

大変良心的なお値段でしょう。

こちらでは、3万円が相場といわれています。

その他にも、お供え物や仏花が必要になりますよ。

魂抜きが終わった後の仏壇は、どうやって処分するつもり?

魂抜きのことを聞いて安心してしまい、処分のことまで考えていませんでした!

魂が抜けてただの「物」に戻ったということは、ゴミとして扱っていいんでしょうか?

処分方法については、人それぞれ考え方が違います。

これから、さまざまな処分方法を紹介するから、その中から自分に合う方法を見つけるといいわよ。

仏壇の処分方法は?

処分方法にもいろいろあるんですね。
仏壇の処分は、次のようなところに依頼ができるのよ。

仏壇 処分 魂抜き 方法

  • 仏具店
  • 仏壇専門回収業者
  • 不用品回収業者
  • 粗大ゴミ
それぞれ詳しく解説していくので、納得のできる処分方法を見つけてね。

お寺によっては、魂抜きと仏壇処分のどちらも行ってくれるところもあります。

その場合は、先ほど紹介した1~5万円のお布施とは別に、処分料が必要になりますよ。

詳しい金額は、お寺に直接聞くと間違いありません。

現在は、仏壇の処分までしてくれるお寺は少ないようなので、よく確認してみてくださいね。

お寺で処分してもらえると、安心感があるわね。

仏具店

仏壇を取り扱っている仏具店でも、処分を引き受けてくれる場合があります。

  • 処分のみ
  • 魂抜きから処分まで

など内容が選べることも。

「新しい仏壇を買う場合のみ処分します」

という仏具店もあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

こちらの方も、魂抜きをしてもらった仏壇を、仏具店で処分してもらっているわね。

仏壇専門回収業者

仏壇や仏具の回収を専門に行っている回収業者にお願いするのも、気持ち的に安心てすね。

ほとんどの場合、仏壇を回収後に魂抜きをして処分が行われます。

仏壇の大きさにもよりますが、費用は15,000円からを目安にするといいでしょう。

ちゃんと供養が行われたという証明書を発行してくれる業者もあるわよ。

不用品回収業者

家電や家具など、不用品全般の取り扱いを行っている業者でも、仏壇の回収をお願いできます。

ただし、回収前に必ず魂抜きをすませておきましょう。

また、業者によっては魂抜きをしてくれるお寺を紹介してくれるところもあります。

粗大ゴミ

魂抜きが終わって「物」に戻った仏壇は、市町村の粗大ゴミに出すことも可能。

小さいものなら数百円で回収してもらえるため、経済的な負担はもっとも小さいですね。

仏壇をゴミとして扱うことに抵抗のない方には、こちらの方法もオススメです。

家を取り壊す時に一緒に処分してもらうという選択肢もあるわね。

まとめ

周りに経験者がいないことが多い仏壇の処分について、方法などをまとめます。

  • 仏壇を処分する際は必ず「魂抜き」を行う
  • 魂抜きとは…仏壇を使い始める際に行う「魂入れ」をして宿った魂を抜いて、仏壇をただの「物」に戻す儀式
  • 魂抜きの費用について
  • お布施として1~5万円(迷った場合は寺に直接問い合わせてもOK)
  • 寺からの距離よってお車代5千~1万円を渡す
  • その他、お供え物や仏花も用意する
  • 仏壇の処分方法
  • 寺…寺によっては、魂抜きから処分まで引き受けてくれるところもある
  • 仏具店…「処分のみ」「魂抜きと処分OK」など、内容が選べる場合も
  • 仏壇専門回収業者…回収後に魂抜きを行い、供養完了の証明書をくれる業者もある
  • 不用品回収業者…回収は、必ず魂抜きを終えてから・魂抜きをしてくれるお寺を紹介してくれることも
  • 粗大ゴミ…もっとも費用が安い・抵抗がない方にはオススメ

 

私はまず菩提寺に、魂抜きの費用や処分までしてもらえるのかを相談してみようと思います。

私の自宅には仏壇を置く予定がないので、おそらく魂抜きを行うのは最初で最後。

貴重な体験を、しっかり目に焼き付けておきますよ!