お葬式での靴!男性が履いて恥ずかしくないマナー教えます!

夫婦でお葬式に参列することになったのだけど、そういえば、男性の靴って何かきまりがあるのかしら?

お葬式は厳粛な場ですから、それにふさわしくなければなりませんよ。

お葬式というと、まず喪服の用意と思うけれど、靴も大切。

黒であるのはもちろんですが、デザインや素材もお葬式にふさわしいものを選ぶ必要があります

そこで、お葬式の時に男性が履くべき靴について、

  • ズバリ、どんな靴か
  • 紐付きがベスト?
  • 中学生・高校生の場合

といったことを説明していきます。


お葬式で男性が履くべき靴とは?

女性はおしゃれな靴とかだめだけど、男性の場合そんなにきまりはないわよね?

そんなことはありませんよ!

女性の場合ハイヒールはダメとかサンダルはダメとかすぐに思い浮かぶけれど、男性はそれほど・・・と思っている人もいるかも知れませんが、男性にも「お葬式にふさわしい靴」があります

ポイントは

  • 色は黒
  • フォーマルなデザイン(内羽根のストレートチップかプレーントゥ)
  • 素材は本革・合成樹皮・ポリエステルなど

の3つです。

色は黒

色はもちろん黒です。

「黒っぽい」ではなく「これぞ黒」の靴を履きましょう。

黒とグレー

黒といっても、微妙な色の違いがあり、濃い黒の方が葬儀には適していますが、グレーにならないよう注意しましょう。

グレーだからNGというわけではないものの、やはり同じ黒い靴が並ぶと、色の違いは明確ですからね。

フォーマルなデザイン

お葬式にもっともふさわしい靴のデザインは、「内羽根のストレートチップ」。

2番目は内羽根のプレーントゥです。

それぞれについて説明するわね。
内羽根のストレートチップ

ストレートチップというのは、つま先に横線(直接=ストレート)が入っている靴です。

内羽根とういのは、靴紐を通す穴がついている部分が甲の部分の革と一体となっているか、甲の部分の革の下になっているタイプ。

内羽根のストレートチップ

因みに外羽根というのは、靴紐を通す穴がついている部分が甲の部分の革の上に縫い付けてあるタイプです。

外羽根のストレートチップ2

2番目によいのは「内羽根のプレーントゥ」です。

 

ラインが入っていないシンプルなデザインです。

素材

素材は本革・合成樹皮・ポリエステルにしましょう。

NG素材は

  • エナメル(光沢はお葬式で避けます)
  • ワニ革(殺生を連想させるため)
  • スエード(殺生を連想させるため)

です。

ワニ革と同じく殺生を連想させるため、アニマル柄も不可です(素材というよりデザインですが)。

殺生という意味では牛革も?という疑問が・・・
でも、一般的に靴に使われている牛革は問題なしとされているので、ご安心ください。

紐付きがベスト?なくてもいい?

靴紐がとけたりして何度も結びなおすのはよくないって話をきいたことがあるけど、それなら靴紐がない靴でもいいのかしら?
いえいえ、やはり紐付きの靴です。

お葬式に相応しいのはフォーマルな靴

男性なら紐付きの靴がよいです

大人の男性でローファーはNGです。

ただ、「何度も紐を結びなおすのはよくない」とも言いますよね。
これは、悪いことが繰り返し起こらないようにというところからきています。

なので、ほどけやすい蝶結びでなく、「イアン・セキュア結び」などほどけにくい結び方で結びましょう。

イアン・セキュア結びはこんな結び方です。

イアン・セキュア結び

こんな靴は?

で、今持っている靴で大丈夫なのかしら?
そこ、はっきりしたほうがよさそうですね。

今持っている靴を履いていって大丈夫なのか、気になるところですよね。

そこで、

  • 金具付き
  • ハイカットやショートブーツ
  • バイカラー
  • メダリオン
  • エナメル
  • スエード
  • ワークシューズ

について、これまでの説明と重複することろもありますが、一つひとつ見ていきましょう。

金具付き

金具つき

お葬式では光るものは避けるルールがありますし、金具がついているデザインはカジュアルな印象があります。

二重の意味で、金具付きの靴はNGです。

ハイカットやショートブーツ

 

お葬式にふさわしい靴はシンプルなデザインのもの。

ハイカットやショートブーツのようにデザイン性の高い靴は避けましょう

本人は寒いから履いているだけと思っていても、ダメですよ。

バイカラー

 

黒のみOKですから、当然バイカラー(二色使い)は不可

黒とダークグレー、黒とダークブラウンといった落ち着いた配色でもやはりダメです。

メダリオン

 

メダリオン(穴あき模様)はそれほど派手な模様ではないですが、やはりお葬式には向きません。

エナメル

 

華やかな印象のエナメルは、同じフォーマルシーンでもお祝い事ならOKですが、お葬式にはふさわしくありません。

スエード

 

スエードは落ち着いた雰囲気の素材ですが、殺生を連想させるということでNGです。

ワークシューズ

この投稿をInstagramで見る

 

今日足。 #ワークブーツ #ブーツ #ブレミアータ

G nagiさん(@nagi1741)がシェアした投稿 –

お葬式って結構立っている時間が長いので、ワークシューズで行きたい人もいると思うけど・・・
カジュアルなのでダメです!

地味なデザインでも、やはりお葬式の厳粛な雰囲気には合いません。

中学生・高校生の場合はローファーでも問題ない?

中学生や高校生だとローファーしか持ってないけど、大丈夫かしら?
中高生は大人のように厳しくはないので大丈夫ですよ。

中高生で葬儀に参列する機会は少ないと思いますが、それだけに、急に出席することになるといろいろ不安ですよね。

中高生の場合は、服装は学校の制服が一番よいので、靴も学校の規則に合っているものであればOKです。

なのでローファーで問題ありません。

こんな感じですね。

 

学校の規則にしたがっているのであれば、運動靴でも構いません。

お葬式の靴について、女性の場合はこちらを参考にしてください。

関連記事)喪服の靴はぺたんこでもいい?金具や素材についても徹底解説

まとめ

今回のまとめです。

  • 男性の葬儀用靴は、必ず黒。
  • デザインは内羽根のストレートチップかプレーントゥ。
  • 素材は本革・合成樹皮・ポリエステルなどで、光沢のあるエナメルやワニ皮などはNG。
  • 紐を何度も結びなおすのはよくないので、ほどけにくい結び方で。
  • 中学生や高校生は基本的に制服のスタイルなので、ローファーでも問題ない。

 

いつ必要になっても大丈夫なように、用意しておきましょう!