喪服の靴はぺたんこでもいい?金具や素材についても徹底解説

妊婦になって気になることが・・・
急な訃報の場合、ぺたんこ靴でお葬式に行ってもいいのかな?

お葬式での靴のマナーについてわからないっていう人、多いかも知れないね!

フォーマルな服装が求められるお葬式。

足元のルールやマナーもしっかりと把握して、相手に失礼がないように参列したいと思いませんか?

妊婦さんの場合、安定期に入っているからといってヒールは少し不安・・・

ぺたんこ靴で、参列したいと思う方もおられますよね。

 

また妊婦さんだけでなく、高齢で足元が不安な方、足を怪我している場合などもどうなのか気になりますね。

 

今回は、以下の4つについて解説します!

  • 喪服に合わせる靴について
  • 靴の素材や色について
  • 靴の装飾の有無について
  • ヒールの高さについて

一緒に疑問を解決していきましょう。

間違いのない靴選びができるように、アドバイスしますね。

喪服に合わせる靴は、ヒールなしのぺたんこ靴でもいい?

一般的には、安定感のある3~5cmくらいのヒールの高さがベストとされていますが・・・

 

妊婦さんや足元が不安な方の場合、ぺたんこ靴を喪服に合わせてもOK。

 

お葬式にヒールなしのぺたんこ靴を履いてもいいかの図

 

でも、シンプルな靴ということが大切です。

お葬式靴

 

自分の好みのデザインであることや、似合うかどうかは後回しにしましょう。

喪服に専用だというふうに、割り切ることも必要ってことですね。
そうね。
割り切ってみて!

妊婦さんの喪服についての記事はコチラ妊婦で喪服が入らない!紺色の服で代用できる?

素材や色は?

素材や色に着目することも大切ね!

喪服は、漆黒のものを選ぶというマナーがありますよね。

光沢のあるものや薄い黒、グレーのものは避けなくてはいけません。

靴も同じように考えればいいですか?

 

シンプルな素材の黒の靴!

ということになります。

 

シンプルな素材とは・・・

  • 本革
  • 合成皮革
  • 布製

がよいとされています。

布製がいいということですが、最近ではあまり見かけませんね。
革はダメって聞いたこともあるけど・・・。

 

一般的には動物の革は殺生を連想させるため、お葬式では避けるべきとされていますが、現在では多くの方が本革を使った靴を履いておられます。

しかし直接的に殺生をイメージしてしまうクロコ革や動物柄を型押ししたもの、スウェードは避けましょう。

シンプルだからといって、茶色やグレーなどを選ぶことはマナー違反なので注意!

またエナメルのものは艶があり、カジュアルな印象を与えてしまいますのでこれも避けた方がいいわよ。

 

✖️エナメル↓
葬儀でNGなエナメルパンプスの画像

✖️スウェード↓
お葬式靴

 

中敷の色も派手にならないよう注意!

心配なときは100円ショップなどで、黒の中敷を購入しておくのもいいですね。

 

撥水加工してあるものを選ぶと、雨の日でも気にすることなく履けますよ!(防水スプレーを使う方法もあります)

葬儀でOKな靴NGな靴の画像

 

ちなみに男性の場合も、合成皮革か本革のものを選びましょう。

内羽根のつま先にラインが1本入ったストレートチップか、つま先にラインのないオープントゥがオススメです。

内羽根は、紐をほどいても羽根が全開にならないため、見た目にも美しくフォーマルとして広く使用されています。

金具やストラップ、リボンがついているものは?

ストラップのある靴は、脱ぎ履きがしにくいデメリットもありますが、喪服に合わせる靴としては許容範囲とされています。

ストラップには金具がセットとなりますが、金具の色が目立たないものであればOK。

派手に見えないのが、ポイントです!

リボンについても、目立たないようであればOKとされていますよ。

踵や甲の部分に切り替えがついてる靴は、カジュアルな印象を与えるので候補からはずすことが大切!

ここでも、自分好みではなくあくまでシンプルなものということを頭に入れておいてね。

逆に高すぎるヒールやピンヒールは?

喪服に合わせる靴は、安定感のあるヒールのもの!

これらは避けてください。

ピンヒール

お葬式靴

ピンヒールは、華やか・ゴージャスな印象を与えるためお葬式には不向きです。

静かな場所で、ピンヒールの足音は響きますよね。

ウエッジヒール

お葬式靴

ウエッジヒールは、安定感はありますがカジュアルな印象を与えてしまいます。

チャンキーヒール

お葬式靴

チャンキーヒールは、安定感はありますがヒールが太すぎてカジュアルすぎる、という点で避けたほうがよいとされていますよ。

 

長時間立つことも考えて、ヒールの高さだけでなくサイズ感・履き心地も確認しましょう。

靴選びも難しいんですね。。。

 

ヒールの高さや太さだけでなく、つま先の部分のにも目を向けて!

つま先が尖っていたり、オープンになっている靴は避けてください。

丸みを帯びている、上品な靴を選ぶといいですね。

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • ヒールの高さは、3~5cmくらいの安定感のあるもの(妊婦さんはぺたんこ靴OK)
  • 本革や合成皮革の黒の靴がよい
  • 装飾は目立たないものであればOK
  • ピンヒールはふさわしくない

 

突然の訃報で慌てて履いていった靴がマナー違反だった、なんてことにならないように足元まで気配りしておきたいですね。

靴選びのポイントがわかったのではないでしょうか?

お葬式は突然です。

慌てることがないように、きちんと準備しておきましょう。