お葬式でのネイル!手袋で隠してもいい?絶対取らないといけない?

明日、会社関係の方のお葬式に参列することになりました!

喪服や香典は準備したのですが、ふと自分の手元を見るとキラキラしたジェルネイルが…。

自分で取ることもできないし、サロンでオフしてもらう時間もありません。

さすがにこのままで参列するのは失礼ですよね??

除光液で落とせるマニキュアならすぐに取ることは可能だけど、ジェルネイルの場合はサロンでしか落とせないから困るわよね。

 

これは私も経験があります!

クリスマスが近い時期だったので赤やゴールドのジェルネイルをつけた数日後に、母から

「今週末の法事にその爪で参列するつもり!?」

と聞かれたのです。

うっかりしてました。

私の場合は法事まで数日あったのですぐにサロンでオフしてもらいましたが、お葬式は突然、という場合が多いですよね。

悪気はなくても、派手なネイルでお葬式に参列するのはマナー違反。

でも、サロンでオフする時間はない、という方のために、

  • 手袋でネイルを隠すのはアリ?
  • お葬式でもOKのネイルとは?
  • 手袋が使えない場合はどうする?

という疑問について徹底解説していきますよ。


お葬式でのネイル、取れない場合は手袋で隠してもいい?

映画などで、手袋をしてお葬式に参列している女性を見かけたことがあります。

ネイルを隠したい場合、手袋着用もアリですか?

たしかに、お葬式で黒い手袋を着用している方もいますね。

こちらの方も、手袋でネイルを隠されるようね。

 

もともとお葬式で手袋を着けるのは海外での習慣でしたが、日本のお葬式で手袋をつけてもOK

ただし、

  • 黒い手袋
  • 光沢のない素材
  • できれば透けない素材

を選ぶようにしましょう。

お葬式 ネイル 手袋 黒

 

葬儀用手袋(グローブ)は、色々な種類が販売されています。

これだと、爪もしっかり隠れますし、シンプルなデザインゆえ、どんな喪服ともマッチするでしょう。

 

しかし、ジェルネイルすべてがNGというわけではありません。

お葬式でもOKなジェルネイル

  • 淡いピンク
  • ベージュ

など、ナチュラルな色でラインストーンやラメが入っていない場合は、そのままで参列しても大丈夫です。

手袋でお葬式に行った場合、お焼香の時はどうする?

手袋をつけてもいいんですね!

安心しました。

でも、お葬式では必ずお焼香の順番が回ってくるわよ。

その時はどうするつもり?

え…?

 

仏式のお葬式では、参列者が順番にお焼香を行いますね。

さすがに、お焼香の時は手袋を外す必要があります。

お葬式 ネイル 手袋 お焼香

しかし通常お焼香は他の参列者に背を向けて行うので、自分の順番の時にだけ手袋を外せばネイルが目立つこともありません。

あ~よかったです。
遠い関係の方ならお焼香だけでいいけど、身近な親戚の場合は、会食や手伝いなどで手袋を外さなければならないことが増えるのよ。
そんな時にはどうしたらいいんですか?
それでは、手袋以外でジェルネイルを目立たなくする方法について教えるわね。

手袋以外にネイルを隠す方法は?

日本では、手袋を着けてお葬式に参列する方は少なく、逆に目立ってしまう可能性も…。

また、参列者を迎える立場になると手袋を着けっぱなしにしておくのは難しいもの。

この方も、おばさんのお葬式に向けてネイルをオフされるようです。

ここでは、どうしてサロンへ行けない場合に手袋以外でネイルを隠す方法について紹介していきます。

  • マニキュアを塗る
  • 絆創膏を貼る
  • ネイル用コンシーラーを使う
それぞれ、詳しく解説していくわね。

マニキュアを塗る

上からベージュなど目立たない色のマニキュアを塗ることで、ジェルネイルを一時的に隠すことができます。

お葬式 ネイル 手袋 マニキュア

マニキュアを落とす時は「アセトンフリー」と表記がある除光液を使うことで、ジェルネイルに影響を与えずにマニキュアだけを落とすことが可能。

こちらの方も、上から隠すように塗られたようです。

絆創膏を貼る

コンビニなどどこでも入手でき、手軽に貼ることができる絆創膏。

お葬式 ネイル 手袋 絆創膏

マニキュアで隠しきれないラインストーンなど、部分的に使うことをオススメします。

全部の指に絆創膏をしてしまうと、逆に目立っちゃいそうですからね。

ネイル用コンシーラーを使う

「今日だけジェルネイルを隠したい!」

という状況は意外と多いようで、こんな便利な商品も売られています。

緊急事態に備えて、常備しておくといいわよ。

 

まとめ

最後に、お葬式でのジェルネイルについてまとめておきますね。

  • どうしてもオフできないネイルは次のような手袋で隠すのもアリ!
  • 黒い手袋
  • 光沢のない素材
  • できれば透けない素材
  • ナチュラルカラーでラメやラインストーンがなければ、お葬式でも隠さなくてOK
  • お焼香では自分の順番の時にだけ手袋を外す
  • 会食や手伝いなどがあり手袋が着けられない場合は、次のような方法で隠す
  • マニキュアを塗る
  • 絆創膏を貼る
  • ネイル用コンシーラーを使う

 

急な訃報でどうしてもサロンへ行く時間がない場合は、今回紹介したような方法でジェルネイルを隠せばOK。

しかし、近親者のお葬式の場合は、なんとか時間を作ってオフするのがマナーですよ。

 

私も今度ジェルネイルをする時は、念のため手袋などを用意しておこうと思います…。