お葬式のハンカチは何色がベスト?レースやタオル地はOK?

近所の方が亡くなったので明日お葬式に参列することになりました。

喪服や数珠は用意したのですが、どのハンカチを持っていくか迷っています。

さすがにピンクの花柄はダメですよね。

涙を拭くなど、人前で使う機会も多いハンカチ。

失礼にならない色を選ぶ必要があるわよ。

 

喪服や数珠・バッグなどに比べて準備を忘れがちなハンカチ。

しかし、涙を拭く・会食時にひざに広げるなど意外と人前で使うこと多いため、なんでもいい、というわけにはいきません。

これから、お葬式で使ってもOKなハンカチについて

  • 素材
  • 忘れたらどうする

という点を徹底解説していきますよ!


お葬式のハンカチの色は?白?黒?

お葬式といえば「黒」というイメージがあります。

ハンカチもやはり黒を持つのがマナーですか?

そういうイメージはあるわよね。

これから、ハンカチの色について詳しく教えるわよ。

本来、お葬式では白のハンカチを持つのが正式なマナーでした。

お葬式 ハンカチ 何色 白 黒

しかし、現在では黒のハンカチも一般的になっています。

また、女性向けにはグレーや淡い紫といった落ち着いた色の葬儀用ハンカチもありますよ。

 

お葬式は故人の死を悼む場。

華やかで明るい印象のあるピンクの花柄は絶対にNGよ!

…ですよね。

ハンカチによっては、袱紗の代わりに使えるものもありますよ!

 

柄や刺繍、レースが入っていてもいい?

白や黒など落ち着いた色なら、少しくらい柄が入っていても問題ありませんか?
ではこれから、柄やレースなど装飾について説明していくわね。

お葬式で持つハンカチは、無地が基本となっています。

しかし、ハンカチと同色で控えめな柄や刺繍が入っているものはOK。

お葬式 ハンカチ 何色 柄 レース

また、縁取りのレースについても、同色で控えめなものなら問題ありません。

 

ただし、次のような装飾がついているものは避けましょう。

  • ラメ
  • ラインストーン

キラキラと光るラメやラインストーンは、お悔やみの場であるお葬式にはふさわしくありません。

たとえ黒や白の無地でも、これらの装飾があるハンカチは絶対に避けましょう。

「葬儀用」として売られているハンカチを購入すると、安心ね。

キャラクターのハンカチもNGですよ!

素材は?タオルやガーゼでも問題ない?

私、水分をしっかり吸い取ってくれるタオルハンカチをよく使うのですが、色に気をつければお葬式でも使えますか?

実用的なタオルやガーゼのハンカチを好まれる方も多いわよね。

次は、ハンカチの素材について見ていきましょう。

お葬式にふさわしいハンカチの素材としては、次のようなものが挙げられます。

  • 綿
  • ポリエステル

これらの素材は、かさばらずバックやポケットに入れやすいというメリットがある反面、濡れた手を拭くとすぐにビショビショになるといったデメリットもあります。

 

一方、タオルやガーゼは水分をしっかり吸収してくれるため快適に使えますが、どうしてもカジュアルな印象になりがち。

 

そこでオススメしたいのは葬儀用のタオルやガーゼ素材のハンカチと、上で挙げたような綿などのハンカチの2枚持ち

お葬式 ハンカチ 何色 タオル 素材

トイレなどで手を洗った後はタオルハンカチを使い、人前では綿などのハンカチを使うというふうに、状況に応じて使い分けするといいですよ。

 

クローゼットを探していたら、以前に結婚式で使ったシルクの白いハンカチが出てきました。

白で無地だし、これを使います!

いけません!

お葬式にシルク素材のハンカチはNGよ!

フォーマルなイメージのあるシルクですが、ツヤツヤとした光沢があるため、お葬式で使うにはふさわしくありません。

人前で使わないにしても、念のため葬儀用を用意しておくと安心ね。

ハンカチを忘れた!どこで買える?

シルクがダメなら、わが家にはお葬式で使えるハンカチがありません!

お葬式は明日の朝からなのでデパートにも行けないし、どこで買ったらいいんですか??

急なお葬式やハンカチを忘れた場合に、葬儀用のハンカチをどこで買えるか教えておくわ。

 

葬儀用のハンカチは、デパート以外でも次のような場所で買うことができます。

  • 百均
  • ドラッグストア
  • コンビニ

斎場の近くにデパートなど大きな店がなくても、百均・ドラッグストア・コンビニといったどこにでもあるお店で白や黒の葬儀用ハンカチを入手可能ですよ!

数珠がない場合はこちらの方法で対応!

 

まとめ

それでは、お葬式で使うハンカチについてまとめていきます。

  • 色は次のとおり
  • グレーや淡い紫など落ち着いた色
  • 柄・刺繍・レースは、ハンカチと同色で控えめならOK
  • ラメやラインストーンなど光る装飾はNG
  • 素材は次のとおり
  • 綿
  • ポリエステル
  • シルクは光沢があるためNG
  • タオルやガーゼハンカチは綿などのハンカチと2枚持ちして、状況に応じて使い分ける
  • ハンカチを忘れた場合、次のような場所で購入できる
  • 百均
  • ドラッグストア
  • コンビニ

「お葬式=黒」というイメージがあったので、本来は白が基本というのは意外でした。

私も喪服やバッグは一通り購入していますが、ハンカチまでは気が回らず、お葬式で使えるようなものは持っていません。

いざという時のために、早めに用意しておこうと思います!