お墓参りに犬連れで行っていい?気をつけたいマナーを徹底解説
うちの祖父宅で飼っていた犬がいて、祖父が亡くなってから元気がないの。
今度、祖父のお墓参りに行こうと思うんだけど、その時犬も一緒に連れていっていいかしら?
何も考えず犬をお墓に連れていく人が多い中、ちゃんとそこのマナーを考えるなんて偉いわね。
いや・・・、連れて行ったはいいけど、ダメと言われちゃうと、お墓参りじたいできないし気分も悪いじゃない。
たしかに、それはそうね。
じゃあ、そんなあなたの不安を解消するために、マナーを説明しちゃうわ。

 

飼い主のことが少しでも感じられるように、お墓に犬も連れて行ってあげたい。

我が子のように可愛がっていた犬をお墓に連れて行ってあげたら、故人も喜ぶんじゃないか?

そんな考えを持つこと、ありますよね?

そこで今回は、お墓参りに犬を連れて行ってもいいのかという問題について

  • いいのかどうか?
  • マナー
  • みんなの体験談

をお話ししたいと思います。


お墓参りに犬連れで行っていい?

実際、お墓に犬を立ち入らせるという行為は、問題じゃないのかしら?
いいか悪いか、実はそれぞれの墓地で異なるんです。

ペット立ち入りに制限がないところもありますが、墓地によっては、ペット立ち入り不可の規定があるところも多くあります。

ハッキリと看板を立てて明記しているところもあれば、明記はしていなくても暗黙の了解として禁止されているところも・・・。

お墓参りに犬連れ

比較的、ペットも一緒に入れるお墓や樹木葬を行う霊園などでは、ペットの立ち入りが可能なところも多いものの、寺院内墓地などでは禁止されているところも多々。

可能かどうか、正確には事前に問い合わせをするのがベストです。

連れて行ってしまい注意を受けると、その間犬を車で待たせなきゃいけないことも多々ありますし、せっかく行った飼い主も立ち入りができないこともありますからね。

 

どうしてダメなのかしら?
禁止される理由はいくつかあります。

ペット立ち入り禁止の理由

  • 鬼畜と判断するから
  • 鳴き声が迷惑になる
  • 糞尿の処理

 

仏教の考えからいうと、犬は鬼畜に分類され、人間よりも位が低いとされています。

墓地は、死者が眠る神聖な場所。

そんな場所に鬼畜を立ち入らせるなんて、と考える人も多いんです。

 

また、犬へ「静かにして」と言っても、なかなかその通りにはいきませんよね?

静かな墓地で犬の鳴き声は、迷惑になるんです。

そして、ところかまわずやってしまう糞尿。

神聖な場所である墓地での糞尿は、いくら後片付けをしたとしてもいいイメージはありません。

そのため、犬の立ち入りを禁止するところが多いんです。

 

ただし、中には禁止されていない墓地もあります。

じゃあ、禁止されていなければ、連れて行ってもいいということね?
それはそうなんですが、飼い主としてしっかりマナーを守る必要はあります。

犬を連れてお墓参りする時のマナーは?

犬を連れてお墓参りに行ける場合、どんなことに注意したらいいのかしら?
マナーを説明するわね。
  • リードにつないで
  • 糞尿を敷地内でさせない
  • 飲食禁止
  • 他人の墓地、敷地内には立ち入らせない
  • 吠えるようであれば、連れ戻す

リードにつないで

第一に、これは絶対条件

犬を自由にさせてはいけません。

お墓参りに犬連れ

犬の立ち入りが可能であっても、あまり好ましいものではないと踏まえた上で、マナーを守った立ち入りを心がけましょう。

糞尿を敷地内でさせない

しつけがされた犬でなければ、基本的に墓地への立ち入りは好ましくありません。

糞尿を墓地でさせるのはもってのほか。

とくに、墓石に尿をかけてしまったりしては、とんだ罰当たりな行為になっちゃいますからね。

お墓参りに犬連れ

事前に別な場所でさせ、しっかりそれも持ち帰るなどして、お墓参りに行くといいでしょう。

飲食禁止

お墓は神聖な場所です。

基本的に、食べかす等をこぼしてしまいがちな犬の飲食を控えたほうがいいでしょう。

また、犬がお供えを食べてしまわないよう、目を離さないようにする必要もあります。

他人の墓地、敷地内には立ち入らせない

みんなが犬好きとは限りません。

先ほど申し上げた通り、犬=鬼畜と考える人も多くいます。

お墓参りに犬連れ

絶対に、他人の墓地や敷地内には立ち入らせないよう注意しましょう。

吠えるようであれば、連れ戻す

また、ワンワン吠えさせるのは迷惑な行為です。

お墓参りに犬連れ

黙らせることができなければ、速やかに墓地から連れ出すのがマナーでしょう。

 

立ち入らせる場合も、飼い主としてしっかりマナーを守らなきゃ罰当たりになりそうね。
そういうことです。
あなたはよくても、それが誰かの迷惑になるかもしれないということは、常に考え、犬連れのお墓参りは短時間ですませましょう。

犬連れの墓参り!みんなどうしてる?

禁止されているところもあるといっても、もちろん可能なところも多々。

動物には見える・・・と言いますが、何かが見えているのかもしれませんね?

 

どれを見ても、しっかりリードをつなぎ、マナーは守っておられます。
ただ、やはり迷惑に感じられる方もいらっしゃるということは、しっかり頭に置いておいた方がいいでしょう。

 

これは、とんだ罰当たりな行為ですからね。

他人の迷惑、考えなければいけませんね。

最後に

ポイントをまとめます。

  • 制限のない墓地もあるが、ペット立ち入り不可のところも多い
  • 事前に問い合わせ、「ペット立ち入り可能かどうか」確認を
  • 鬼畜と判断するから・鳴き声が迷惑になる・糞尿の処理の問題から、禁止するところも多い
  • リードにつないで
  • 糞尿を敷地内でさせない
  • 飲食禁止
  • 他人の墓地、敷地内には立ち入らせない
  • 吠えるようであれば、連れ戻す

 

実際私は、墓地の管理人さんに確認し、犬を連れてお墓参りに行った経験があります。

ただ、日陰がなく暑い墓地。

犬でも喉が渇きます。

そんな中、水道はあるものの霊園のバケツや柄杓を使うのは罰当たりな話。

水道水を手についで飲ませましたが、犬用器を用意して行くのも考えた方がいいでしょう。