三回忌のお布施相場は?回数を重ねるごとに少なくしてもいい?
主人とお布施について、ちょっと揉めてるんだけど。
一周忌で5万も支払って、それを年忌法要ごとに出すのは正直きつくって。
次は三回忌だし、前回よりもお布施を減らしてもいいかしら?
たしかに、年忌法要は続いていくものだし、それ以外にも引き出物やお斎なんかの費用も考えると回数を重ねるごとに少なくしても・・・と悩むところよね。
そんなあなたに、世間の声を含め、説明するわ。

 

年忌法要でお坊さんに支払うお布施。

こちらがお願いして経読をあげていただくわけだから、そのお布施をケチるのは・・・と躊躇もしますが、回数を重ねるごとに少なくしたい気持ちもわかります。

ただ、それは非常識なことなのか、世間一般的には皆どうしているのか気になるところでもありますよね?

そこで今回は、三回忌のお布施について

  • 相場
  • 少なくしてもいいのか
  • お車代やお膳料
  • 書き方
  • 封筒
  • 渡し方

など、気になるあれこれをまとめました。


三回忌のお布施相場は?

三回忌のお布施は、相場的に・・・

1万円〜5万円ほどが一般的です。

お布施相場

これは、お寺によっても異なり、親戚・近所の人・お寺に金額を聞いてもいいでしょう。

菩提寺がある場合には、そちらに聞いても問題ありません。

 

実際調べた中では、3万円という方が多く、

  • お車代や御膳料を考慮して
  • 地域性

なども関係しますが、あとは施主本人の気持ちの問題で決めるというところが多いようです。

実際の声として紹介すると・・・

「うちは菩提寺があり、いつも年忌法要では、5万円支払っているから。」

「迷ったので、相場の真ん中をとって3万円にした。」

「一周忌まで月法要で毎月5千円包んでいたので、一周忌すぎたらその後の年忌法要は3万円。」

「隣近所は1万円でいいといったが、三回忌を最後の法要にして、その後年忌法要を行う予定がないので3万円包んだ。」

「一周忌の際、法話もなく、ありがたみが薄かったので1万円にした。」

など、さまざまな声がありましたよ。

 

年忌法要のお布施はずっと同じ?

回数を重ねるごとに少なくしてもいいのか?という疑問にお答えすると・・・

基本的に、四十九日や一周忌より三回忌でお布施を減らしても問題ありません。

というのも、実際四十九日や一周忌のお布施相場は3万円〜5万円と、先ほど説明した三回忌法要のお布施よりも高くなっています。

お布施

これには、

  • 今後も続くことだし負担のない程度に
  • 四十九日や一周忌よりも読経時間が少ない
  • 参列者数も、四十九日や一周忌より少なくなる

なども関係するようです。

ここも、親戚や近所の人などに聞くと間違いないでしょう。

 

ただ、お寺側にこの問題に関して問い合わせ「一周忌よりも少なくてかまいません」などという言葉は、あまり望めないと思います。
基本的には、「お気持ちで」と言われることがほとんどでしょう。

 

ただ、実際にお寺に聞いて、一周忌よりも高いお布施を包むことになった方もいらっしゃいます。

この通りにいくと、回数を重ねるごとお布施金額が上がってしまう!?

ちょっとこれは、一般的ではありませんね。

お布施が少ないと、お寺側から怒られることもあまり耳にしたことがありません。

それこそ、お布施が少ないとお寺側から文句を言われる=法要をやめる・檀家をやめるという問題にもつながりかねませんからね。

ここは、一般的な相場を包めば、問題ないように感じます。

お車代やお膳料も必要?

お車代やお膳料を一周忌では包んだんだけど、三回忌でも必要なのかしら?
そこも気になるところよね。

お寺以外で法要を行う場合、わざわざ僧侶に足を運んでいただくことになるので、お車代を包むのが一般的です。

また、その後に用意したお斎に僧侶が同席されない場合にも、お膳料を包むことになります。

ただ、お車代やお膳料は年忌予報用の回数に関係なく

  • お車代相場・・・5千円〜1万円
  • お膳料相場・・・5千円〜1万円

が一般的です。

 

こちらの方は、相場の中でもすべて高い方になりますので、かなりの出費ですね。

 

三回忌のお布施!書き方・封筒・渡し方までを解説

お布施・お車代・お膳料、すべてまとめて一つの封筒に入れて渡してもいいかしら?
お布施の渡し方については、こちらでもまとめていますが・・・

 

お布施・お車代・お膳料は、別々にわけて包むのがマナーです。

というのも、まとめて「お布施」と包んでしまうと、そこにお車代やお膳料も含まれていることが伝わらないという問題もあります。

また、お布施・お車代・お膳料はそれぞれ意味合いが違うため、わけて包んだ方がいいというわけです。

それぞれ「お布施(御布施)」「お車代(御車代)」「お膳料(御膳料)」などと記し(濃い墨で)、その下に 氏名(施主の名前または、○○家)を明記しましょう。

三回忌のお布施

最初にお布施を渡し「本日はよろしくお願いします」と声をかけ、お帰りになられる際にお車代や御膳料を渡すというのも問題ありませんが、最後にすべてまとめてというのもマナー違反にはなりません。

ただ、その際一番上がお布施となるよう注意しましょう。

 

最後に

ポイントをまとめますね。

  • 三回忌のお布施は、1万円〜5万円ほどが相場
  • 四十九日や一周忌より三回忌でお布施を減らしても問題ない
  • お寺以外で法要を行う場合、お車代を包むのが一般的
  • お斎に僧侶が同席されない場合にも、お膳料を包む
  • お布施・お車代・お膳料は、別々にわけて包むのがマナー

 

ちなみに我が家では、菩提寺の方から金額指定がありました。

四十九日では5万、月法要では5千円(一周忌まで毎月)、一周忌では5万、それ以降の法要では3万です。

ただ、お車代や御膳料はお坊さんが息子の代になってから法話もなくなったため包んでいませんが、先代の時は一緒にお斎を食べ・飲酒し・帰りは送っていっていました。

ただ、お車代や御膳料の代わりに、菓子折を渡したりしているので、これがお車代や御膳料に変わる「お礼の気持ち」と向こうも受け取ってくださっています。

参考になれば幸いです。