家族葬と密葬の違いは?気になる疑問をスカッと解決
祖父が、自分の葬儀は密葬にしてくれっていうんだけど、密葬というのは家族葬と違うの?

家族葬というと家族だけ、密葬というと秘密にしたい広めたくない葬儀というイメージが、その字を見てあるのよね。

そうなの!
漢字のイメージが頭に浮かんじゃって、本来の意味がわからないのよね。
実際私も、詳しく知るまではそうだったわよ。

 

家族葬と密葬の違いは?と聞かれ、うまく説明できる人はどれくらいいらっしゃるでしょう。

ですが、きちんとポイントをおさえると、その違いがハッキリとわかり、あなたの疑問も解決されるはずです。

そこで今回は、家族葬と密葬について

  • 違い
  • それぞれの流れ

を説明したいと思います。


家族葬と密葬の違いは?

ズバリ、その違いが知りたいわ!
では、わかりやすく違いについて説明しましょう。

ズバリ、家族葬と密葬の違いを一言でいうと、後日お別れの会(本葬)が開かれるかどうかです!

家族葬と密葬の違い

家族葬は、参列の範囲が家族や親族など、細かな定義はなくそれぞれの判断で行われる、だいたい30人以下ほどの葬儀となります。

それに対し密葬は、後日お別れの会が開くことを前提に、家族や近しい親族・近親者のみで行う葬儀です。

 

つまり・・・密葬は、多くの弔問客が見込まれる著名人や会社社長など、たくさんの弔問客を招く前に家族や近親者のみで先に済ませる葬儀となります。

 

じゃあ、家族葬でやって、後日弔問を断った人を呼んでお別れ会をしようっていうと、それは密葬になるの?
ん〜・・・それは、そもそも規模が違うかも。

密葬の場合、大規模な葬儀を時間かけて行う前に家族だけで執り行うもので、本葬(その後行われる大規模な葬儀)では火葬後の遺骨を前に行います。

そして密葬はあくまでも、その本葬とセット。

そのため、密葬と本葬両方を合わせると、莫大な費用がかかるものとなるんです。

 

それに対し家族葬は、身内や近親者だけで静かに故人を送り、ひっそりと葬儀を終えてしまうというものになります。

じゃあ、本葬を行わない葬儀を密葬とはいわないのね。
香典や弔問なんかは、どちらも限定されるものなの?
実はそうではないのが、難しいところ。。

密葬には、後日お別れの会(本葬)を行うものだけでなく、亡くなったことを公にしたくない場合なども含まれるんです。

つまり、隠したい死因(変死・自殺・事件性のあるもの)など、誰にも知らせず行う葬儀も密葬というのが難しいところ。

家族葬

しかし、家族葬の場合

「家族葬は親族のみで行うので弔問や香典は辞退します。」

と断ることができますし、そもそも葬儀のことを伝えず後日書面にて

「○月○日に亡なり、家族葬にて葬儀を終えました。」

と事後報告することもよくあるのです。

では、もっと明確にするため、それぞれの流れを説明しますね。

家族葬の流れ

  1. ご逝去
  2. 葬儀社に連絡
  3. 搬送(自宅に戻さないことや、寝台車とわからない車を用いることも)
  4. 呼ぶ人(親族など)のみに連絡を入れる
  5. 通夜
  6. 告別式
  7. 火葬

葬儀前に訃報の連絡を入れるかどうかは喪主の自由ですが、後日通知することも多くあります。

また、弔問に伺いたいという方に対し、「家族葬なので弔問や香典はご遠慮ください」と辞退することも可能です。

 

 

密葬の流れ

  1. ご逝去
  2. 葬儀社に連絡
  3. 搬送
  4. 参列者に通知
  5. 参列者以外には、後日本葬が行われることを通知
  6. 通夜
  7. 告別式
  8. 火葬
  9. 本葬(お別れの会)

といった流れで行われますが、本葬までに1ヶ月程度期間があくこともあります。

 

参考文献:1冊で安心! 葬儀・法要・相続がよくわかる本

最後に

ポイントをまとめますね。

  • 密葬は後日お別れの会(本葬)が開かれる
  • 密葬は本葬とセットが基本だが、亡くなったことを公にしたくない場合に行う葬儀もある
  • 家族葬に細かな定義はない(曖昧)が、弔問や香典を辞退できる
  • 家族葬は、家族葬のみで葬儀は終了し、一般会葬者の参列機会はない
  • 家族葬は、後日報告することも多い(葬儀を知らせない)

 

家族葬はひっそり近しい親族のみで故人と最後の時間を過ごせ、弔問客の対応などの手間を省くことも可能ですが、密葬の場合は逆に後日大がかりな本葬が待っているという点でも大きな違いがありました。

ただし、密葬は著名人や社長などが行うことが多いと述べましたように、喪主が動かずとも秘書など故人の会社関係が動いてくれることも多くあります。

また、秘密にしたい死因である場合も含まれるわけで・・・

つまり、一般人の場合行われる葬儀は、家族葬と思っていただいていいでしょう。