葬儀後に訪問する際の服装は?お供えや挨拶などのマナーを解説

どうしても都合がつかず、お通夜や葬式に行けなかったんだけど、おばさんには生前お世話になったから自宅へ伺おうと思うの。

でも、葬儀後に訪問なんて経験がないんだけど、やっぱり喪服で行くべきなのかしら?

服装だけじゃなく、お供えや挨拶など、マナーがちゃんとあるのよ。

服ばっかり気にしてたけど、それ以外にもマナーがあるのね!

知りたいわ。

葬儀後に故人の自宅、または喪主のご自宅へと伺いお参りさせていただくことを「弔問」といいますが、実際通夜や葬儀に来られなかった方などいらっしゃるので、親族側もそれを踏まえ用意してあることがほとんどです。

ですが、さまざまなマナーがあり、失敗してしまうと恥ずかしいもの。

そこで今回は、葬儀後に訪問を考えていらっしゃる方に向け

  • 服装
  • お供え
  • 挨拶
  • 香典の渡し方
  • それ以外のマナー

など、気になるあれこれをお伝えしたいと思います。


葬儀後に訪問する際はどんな服装がいい?

やっぱり喪服の方がいいわよね?

いいえ!

喪服はやめた方がいいのよ。

葬儀後の弔問では、喪服NG!

葬儀後といっても、お参りに伺うわけだから喪服が一番と思いがちですが、喪服は格式の高いものとなります。

逆に親族は、葬儀がすでに終わっているわけなので、普段着。

喪服を着て行くと、遺族よりも格式の高い服装となってしまうのでNGなんです。

葬儀後の訪問

じゃあ、どんな服がいいの?
以下のような服装がいいでしょう。

 

基本的には、平服で・・・となりますが、平服=普段着という認識しかなく細かな部分がピンときませんよね?

女性ならば、落ち着いた色味(グレー・黒・紺など)の

  • ワンピース
  • スーツ
  • アンサンブル
  • カーデガン
  • ジャケットとスカート・パンツ

ただし、アクセサリーなどはいつもつけている指輪以外、つけない方が感じもいいです。

男性ならば、同じく落ち着いた色味の

  • スーツ
  • ジャケットとスラックス
  • ポロシャツとスラックス
  • シャツとスラックス

子供の場合は、落ち着いた色味ならばジーンズなどのカジュアルすぎるもの以外の普段着でいいでしょう。

 

葬儀後に訪問する場合!お供えは必要?

香典だけというのも物足りないわよね?

お供えも何か必要かしら?

説明するわね。

基本的に香典だけで、お供えはなくても問題ありません。

ただ、お供えがあるとより丁寧です。

お供えはどんなものがいいの?
中にはNGなものもあるので、説明するわね。

生もの(肉や魚介類)はNGです。

  • ロウソク・線香
  • 果物
  • 菓子折り

などがお供えとして適していますが、お花は宗派によって決まりがあることもあるので、注意が必要でしょう。

また、故人が生前好きだったものなどもオススメです。

View this post on Instagram

 

今年も残すところあと3日。 #御供#お供えお供え品#お供え物#お葬式

yaoya-dosueさん(@yaoya_dosue)がシェアした投稿 –

こういったお供えのセットもありますね。

こちらのお宅では、ビールが多いようです。

葬儀後の訪問!知っておきたい挨拶

どんな挨拶をして、香典はいつ渡せばいいのかしら?
挨拶や渡し方を説明するわね。

まず、玄関で一言挨拶が必要です。

「このたびはご愁傷様です。」

「お悔やみ申し上げます。」

など、弔意を示す言葉をかけましょう。

 

ここで、家に上がることを進められると思いますが、すすめられない場合、

「お線香あげさせてもらえますでしょうか?」

などと聞かず、玄関先で挨拶をし、香典を渡して失礼しましょう。

 

家に上がることを進められた場合は、素直にお邪魔するのが失礼がないですよ。

 次に、香典の渡し方です。

香典の渡し方

部屋に通されたら、ここで

「お線香あげさせてもらってもいいですか?」

と伺い、香典を祭壇に置きますが、この時に置き方があります。

葬儀後の訪問

  1. 座布団を横に外し、正座する
  2. 香典を袱紗から出す
  3. 香典を一度頭上にかざす
  4. 祭壇の空きスペースに、自らの正面向きに置く

といった流れになり、お供え物がある場合は袋から出し、小さなものは祭壇に、大きなものは祭壇近くの床に置きましょう。

この時、袋をたたんで、袋の上にお供えを置くとより丁寧です。

 

葬儀後の訪問をする上で注意したいマナーは?

上記以外にも気をつけたいマナーってあるのかしら?
いくつかあるので紹介します。
  • 電話で伺ってもいいか聞いてから
  • 長居をしない
  • 訪問を拒否されたら素直に従う

電話で伺ってもいいか聞いてから

突然伺うのは、迎える側としてもバタバタとしてしまうので、必ず事前に連絡をして相手の都合を聞いてからにしましょう。

その際に、伺う日にち、時間をあらかじめ調整し、時間通り伺うようにすると失礼に当たりません。

ほかの弔問客とかぶってしまうと、遺族側も大変ですし、弔問側も気まずい思いをしちゃいますよね。

長居をしない

あまり話し込みすぎて長居をすると、葬儀後で疲れている親族の負担となります。

そのため、思い出話を数分する程度にとどめ、早めにおいとまするのがいいでしょう。

訪問を拒否されたら素直に従う

中には、訪問に伺っていいか聞いた際に断られることもあります。

その場合、どうしても・・・といわず、素直に従い香典は郵送するのがいいでしょう。

訪問を断る理由はさまざま(時間がない・疲れている・悲しみが癒えない)で、ここをどうしてもといってしまうと、迷惑になりますからね。

 

通夜前の弔問に関しては、こちらをご覧ください。

関連記事)通夜前に弔問へ伺ってもいい?気をつけたい服装や時間などマナー解説

 

最後に

ポイントをまとめます。

  • 喪服はNG
  • 平服が基本
  • お供えはなくてもいいが、あるとより丁寧になる
  • お供えに、生もの(肉や魚介類)はNG
  • 玄関で挨拶をして、流れに従う
  • 香典やお供えは、祭壇に
  • 電話をして伺い、長居をせず、拒否された場合には香典は郵送する

 

通夜や葬儀で、遺族は心身ともに疲れています。

そのため、ここで失礼があると、遺族の心象も悪く残ってしまうことになりますし、長居は負担となることも。

自分の常識を押し通すのではなく、控えめに・・・遺族の気持ちを考えて訪問するようにしましょう。