仏壇の魂入れはしないといけないの?費用や方法までを徹底まとめ

去年亡くなったお父ちゃんの仏壇が、来週届くで!

仏具屋のお兄ちゃんが、仏壇を買ったら魂入れがどうのこうのいうてたけど、ようわからんから後回しや!

お義母さん!

魂入れを後回しにしてはいけませんよ!

なんやなんや。

そもそも魂入れってなんやねん!

仏壇を買う機会なんてそうそうあるものではないため、「魂入れ(開眼法要・お性根入れ)」という言葉を聞いてもピンとこない方もおられるでしょう。

数年前、わが家では祖母が亡くなって仏壇を買うことになった際に、父や母が親戚に魂入れについてアレコレ教えてもらっていた記憶があります。

ここでは、そんな魂入れについて

  • そもそも魂入れって?
  • やらなきゃダメ?
  • 費用は?
  • どうやってする?

といった疑問を徹底解説していきます!


仏壇の魂入れはしないといけないの?

魂入れなんて言葉はじめて聞いたわ。

面倒くさいことはしたないんやけど、魂入れはせなあかんの?

それでは、魂入れの必要性と意味を説明しますね。

購入した仏壇が自宅に届いたら、まず魂入れをする必要があります。

仏壇 魂入れ しない 意味

商品として仏具店に並んでいる仏壇には、誰の魂も宿っていませんよね。

その仏壇に魂を宿らせるのが、魂入れという儀式。

ただの商品である仏壇を礼拝の対象とするためには、魂入れが必要になるというわけです。

魂入れをしなければ、仏壇は空っぽの状態ですよ。

仏壇の魂入れの費用相場は?

来週には仏壇が到着するから、急いで魂入れの依頼をせなあかんね。

…今月ちょっと金欠なんやけど、大丈夫かいな?

それでは、魂入れの費用相場を紹介しますね。

どうしてもムリなら、私がお貸ししますよ。

魂入れのお布施は、1~5万円が一般的。

仏壇 魂入れ しない 費用

また魂入れでは、自宅まで僧侶に来てもらう場合がほとんどなので、お車代として5千~1万円も用意しておきましょう。

ちなみにこちらの方、3万かかったそうですが、新しく仏壇を買った時以外にも、引っ越す際も「魂抜き・魂入れ」が必要なんです。

仏壇の「魂抜き」については、こちらで説明しております。
仏壇の処分は魂抜きが必要?費用から方法までを教えます

    あ~よかった。

    それくらいならなんとか出せそうや。

    魂入れでは、お布施以外にも準備するものがあるので、これから説明しますね。

    仏壇の魂入れの方法

    お布施以外にも準備せないかんものがあるんかいな!?
    では、魂入れの方法について見ていきましょう。

    仏壇を購入したらまず菩提寺に連絡をして、魂入れの依頼をします。

    魂入れは、四十九日などの法要と合わせて行うこともできますよ。

    仏壇 魂入れ しない 方法

    当日は、次のようなものを準備しておきましょう。

    準備するもの

        • 仏様のご飯・お膳
        • 果物などのお供え物
        • 朱ろうそく

    魂入れは、葬儀や法事のような弔事ではなく、おめでたい慶事となります。

    そのため、ろうそくも白ではなく赤いものを用意する必要がありますよ。

    こちらでも、魂入れに朱ろうそくを使われていますね。

    その他にも、地域や宗派によっては

        • 赤飯
        • もち
        • 乾燥昆布などの海の幸
        • 干ししいたけなどの山の幸
        • 野菜などの里の幸

    などを用意することもあります。

    必要なものについては、菩提寺に教えてもらうと間違いありませんよ。

    詳しいことは、菩提寺や地元の方に確認するのが一番ね。

    菩提寺が近くにない場合は、仏具屋に相談してみては?

     

    花・朱ろうそく・果物・赤飯に海の幸…。

    ちょっと厳しいな。

    では、花やお供え物は、私が用意しますね。

    ほんま!?

    おおきに~!

    まとめ

    仏壇を購入した際に行う魂入れについて、わかりやすくまとめますね。

    • 購入した仏壇を礼拝の対象にするためには、魂入れが必要
    • 魂入れとは…ただの商品である仏壇に魂を宿らせることで、礼拝の対象にする儀式
    • 費用…お布施1~5万円+お車代5千~1万円
    • 方法…まずは菩提寺に連絡・菩提寺が遠方の場合は仏具屋に相談
    • 用意するもの(地域や宗派によって違うので、詳しくは菩提寺や仏具屋に確認)
    • 仏様のご飯・お膳
    • 果物などのお供え物
    • 朱ろうそく など…
    • 地域や宗派によっても違うので、詳しくは菩提寺や仏具屋に相談

     

    ご先祖様や仏様が早く落ち着けるように、魂入れは必ず行ってくださいね。

    魂が宿ったかどうかは見てわかるものではありませんが、お花や果物を供えてお経をあげてもらうことで、気持ちを納得させることができますよ。