香典を預ける場合のマナーを徹底解説!失礼にならないために
上司の奥様が亡くなったんだけど、出張中で行けそうにないの。
付き合い上、香典は出したいんだけど・・・。
出張中じゃ、すぐに帰ってきたりも難しいし、仕方ないわよね。
香典だけでも、明日社に戻る同僚に預けようかしら?
香典を預ける際にも、色々なマナーがあるのよ。

 

通夜や葬儀に参列できないから、香典だけでも誰かに預けたい。

そんな方多いと思います。

ただ、マナーを抑えておいた方が安心です。

そこで今回は、香典を預ける際のマナーについて

  • そもそも預けてもいいのか?
  • 誰にお願いしたらいいのか?
  • 細かなマナー
  • お礼

などを一つひとつ解説したいと思います。


香典を預けるのはそもそもマナー違反じゃないの?

そもそも、香典を預ける行為自体がマナー違反にはならないわよね?
まず、それについて説明するわね。

そもそも香典の意味を考えると、

  • 故人への供養
  • ご遺族への相互扶助

2つの思いが込められています。

そのため、誰かに香典を預けて通夜や葬儀の受付で出してもらっても、マナー違反にはなりません。

香典を預ける

ただ、当日通夜や葬儀に参列できない場合、

  • 早めに顔を出す
  • 香典だけ渡しに行く
  • 後日郵送する

などという方法もあります。

 

香典を預ける場合のマナー!

香典を預けることが、マナー違反にはならないと知って安心したわ。
でも、手紙なんか添えた方がいいのかしら?
預ける香典について、マナーを説明するわね。
  • ふくさ
  • 書き方
  • 連絡
  • 金額
  • 預ける人

に分けて説明します。

袱紗(ふくさ)

本来なら、受付で袱紗に包んだ香典を出すのがマナー。

預ける際は、袱紗に包んでお願いした方がいいのかという疑問があるでしょう。

答えとしては、一枚の袱紗で預かった複数の香典を包んでも問題ありません。

そのため、袱紗ごと渡さず、香典袋を預けてお願いするといいでしょう。

香典を預ける

また、中には「後から払うので出しておいて」とお願いする場合、

  • 正確なフルネーム(漢字を間違うことも多いため)
  • 入れて欲しい金額

を伝え、後日香典袋費用と合わせて預けた人に金額を支払いましょう。

香典袋の書き方

故人の宗教・宗派によって、香典の表書きは異なります。

  • 仏教・・・「御香典」「御霊前」「御仏前」(浄土真宗では、御霊前という言葉は使わない)
  • 神式・・・「玉串料」「御霊前」
  • キリスト教・・・「御花料」「御霊前」「御ミサ料」

と書いた上で、その下に自分のフルネームを書きましょう。

香典

実際行かないわけだから、住所も香典袋に書いておいた方が親切よね?
いいえ。
代わりに、受付帳へ代筆してもらう必要があります。

預けた方に香典とともに自分の住所を伝え、受付で名前と住所を代筆してもらいましょう。

連絡

忘れずちゃんと私の分も出してくれるか心配だし、上司には連絡しておいた方がいいわよね?
これは、預けた相手との関係(信頼度)にもよるかもしれませんが・・・
  • 事前に故人家族(この場合は上司)へ連絡し、香典を預けることを詫びる
  • 後日故人家族(上司)に、香典を預けただけで参列できなかったことを詫びる
  • 弔電を出す(文中でそれとなく詫びることも)
  • 香典に手紙を添える

などというのも可能でしょう。

ただし、通夜・葬儀前、喪主は忙しいというのも頭に入れておき、迷惑にならないよう配慮するのもマナーです。

金額

参列しなくても、基本的に香典金額は同一となります。

つまり、参列しない分、減らす・増やすなどはしなくていいということです。

相場について詳しくは、こちらをご覧ください。
関連記事)香典っていくら包む?金額相場を関係性・年代別に紹介します!

 

預ける人

香典を預ける人は、通夜・葬儀に参列する人だけでなく、代理人に香典を渡しに行ってもらうというのでもかまいません。

実際私も、母から預かった香典を直接知らない遠い親戚に持って行ったこともありますし、地元友人のお母さんが亡くなられた際、実家の母に香典を渡しに行ってもらったこともありますよ。

 

香典を預けた方にお礼は必要?

香典を預けた方に、何かお礼した方がいいのかしら?
これは関係性にもよりますが・・・

ご本人が出す香典と合わせて一緒に出してもらうわけですから、基本的には特別なお礼は必要ありません。

ただ、「お願いします」と「ありがとうございました」などのお礼を述べるだけでも失礼にはあたらないでしょう。

 

最後に

ポイントをまとめます。

  • 香典を預けて代わりに出してもらっても、マナー違反ではない
  • 預けずとも、早めに顔を出して渡す・香典だけ渡しに行く・後日郵送するなどという方法も
  • 一枚の袱紗で預かった複数の香典を包んでも問題ない
  • 故人の宗教・宗派によって、香典の表書きは異なる
  • 預けた方に香典とともに自分の住所を伝え、受付で名前と住所を代筆してもらう
  • 香典を預けることを連絡することも可能だが、行けないことを同時に詫びる
  • 参列しなくても、基本的に香典金額は同一

 

お金のトラブルは、後々の関係性にも響きます。

立て替えてもらう場合は、忘れないよう○日までにお返ししますと約束を設けておくことも大事でしょう。